【漫画ネタバレ】鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~|住職の鬼神に贄を捧げる生贄は主人公?因習と信仰の物語。【広告人気】

無料会員登録で300円OFFクーポンが貰える!

独占配信中!\

こちらの記事では、DLsiteの独占配信漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」を実際に読んだネタバレ最安値で読む方法を解説します!

漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」は、

・呪いによって、お互いを求め合う鬼神と生贄の少女のお話。
・事故により両親を失った少女、舞。遠縁にあたる百鬼に引き取られて鬼神伝説が誠のように伝えられている村にやって来ます。
贄として鬼神に生気を与えなければならない運命が待っていることを彼女は知りません。

※この記事は漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」のネタバレを含みます

あらすじ
『鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~』 鬼神の一族を救えるのは、贄の一族だけ。 これは、鬼神と呼ばれる神がいた村で行われる、 現代へと続く因習と信仰の物語。 ──199×年。 交通事故で両親を亡くし、天涯孤独となった主人公。 養子として引き取られていた彼女の受け皿になりたい者はいない。 しかし、そんな中ある中年男が名乗りをあげる。 怪しい中年男に手を引かれる最中、それを止めたのは布袍(ふほう)を着た長身の男だった。 「…こんにちは」 人口1000人程度の山村で住職をしている百鬼京丞(なきり きょうすけ)は、 傷ついた主人公の心に寄り添い、村に温かく迎え入れてくれた。 ──だが、夜毎 百鬼は主人公の部屋に訪れる。 人間には到底あるはずもない、「鬼」のような角を宿して─。 彼は主人公に何をするわけでもなく、ただ一人精を発していくだけ。 目を開けるかどうか、どうしてこんなことをするのか。 何故、そんな姿をしているのか。 けれど、言葉を発する前に寝たふりをしていることがバレてしまい── そして、百鬼は言った。 「……起きていますね、──さん」

https://www.dlsite.com/index.html

\ DLsiteで独占配信中 /

無料会員登録で300円OFFで読める!\

画像タップで試し読み可能!

▼▼ ▼▼ ▼▼

 

 

 

 

目次

TL大人漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」のネタバレや結末を紹介

古い風習の残る村へ引き取られた舞の運命は!?

交通事故で両親を亡くした舞。
因縁深そうな山奥の村に連れてこられて、大丈夫かな・・・

交通事故により両親を一度に失い、天涯孤独の身となってしまった舞。ですが、葬式の参列者は養女であった舞のことを誰も引き取ろうとはしません。
下心丸出しの中年の男が舞を引き取ると申し出ますが、そこへ割って入り、彼女を救ったのが百鬼です。
舞とは養父の遠縁にあたる人で、そのまま彼女は百鬼の元に引き取られることになりました。

舞が住むことになった鬼神村は鬼神伝説が語り継がれる閉鎖的な土地です。
働き口もないため、若者は皆町へ出て行ってしまう過疎化が急速に進んでもいます。
そんな村の寺の住職であり、高校教師でもある百鬼は忙しいのにも関わらず、お手伝いさんも雇わない一人暮らしです。
血縁でもなく引き取られた事を申し訳なく思う舞に、彼は家事手伝いをしてくれたら良いから、と言って居場所を作ってやります。
舞の心に優しく寄り添う百鬼に対して、初めて会った時から抱いていた淡い恋心はいつしか彼に触れたい、食べられたいという強い欲情に変わっていきました。

ある晩、寝ている舞の元に異形の姿をした何かがあらわれます。
それは自分のモノを舞の股間に押し付け、舞の名前を囁きながら自身を慰め始めます。
ついにそれが果てた時には、舞にはもうそれが百鬼だということが分かっていました。
彼の頭には角のようなものが生えていたうえ、なぜこんな事をするのかも分からない舞ですが、不思議と怖いと思うことはなく、むしろもっと触れられたいという気持ちになるのでした。

↓↓こちらから無料試し読み↓↓

百鬼の表の顔と裏の顔とは・・・?

引き取った子に夜這いをかけるなんて、やばすぎでしょー!

夜に起こった事など何もなかったかのように日常は過ぎます。
舞は普通に登校し、もちろんそこには教師の百鬼もいます。ですが、自宅とは違い他人行儀な学校での彼に舞は寂しさを感じています。
クラス分のノートを返しに百鬼のいる教員室に行った際に、舞はふと常々気になっていた彼の体調不良について尋ねてみました。彼は舞の気遣いを労いつつ、彼女が学校に馴染んできたことをクラスの女子生徒も喜んでいる、と話しました。
それを聞いて、学校内での彼は自分だけではなくて皆に人気があり、優しいのだと改めて気づきます。
舞の表情が少し曇ったのを察知して、彼は「舞は特別だ。」と告げました。
続けて、もしも舞にやりたい事が見つかれば村を出て一人暮らしをすれば良い、このままこの地にとどまることももちろん良いのだが、自分の望みは彼女が幸せになることだと話しました。
舞には、夜になると彼女を求めてくる百鬼と、距離を置きたがるような言い分をする百鬼がよく分かりません。

もやもやした思いを抱いたたままの学校からの帰り道、舞は二人の老婆に呼び止められます。
百鬼に用があるようですが、たまたま立ち会った舞に対して「百鬼は村の大事な方だから、早く嫁をもらい子を作らねばならない。」「嫁なら舞でも良いと思ったが、百鬼本人がそうはしたがらない。」と、意味不明なことを話します。
百鬼や、村のことについて何も聞かされていない舞の様子を見て二人は詰め寄ります。
「なら舞を村の者にすればいい。」「早く組合で体を調べてもらおう。」
二人に圧倒されて立ちすくむ舞を百鬼が助けます。
尚も嫁や子作りの話をしようと言い募る老婆二人を、彼はやんわりと引き取らせました。

その夜、またも百鬼が舞の寝床に訪れ、自身を慰めています。舞の腹のうえに果てた後、いつもと違い百鬼は
彼女に「起きているんでしょう?」と話しかけ、謝罪して部屋を出ていこうとします。舞は彼の着物の裾をつかんで引き止め、なぜこんな事をするのか理由を教えてほしいと、尋ねます。
百鬼は自分が古来、この村を作り、守ってきた鬼神の一族の末裔で、角は興奮したり欲情すると出てくるのだと話します。
村を守ってもらう代わりに村の人々は生贄を捧げてきました。しかしある時、鬼神は一人の贄の呪いによって総じて短命で、贄の一族と性交をすることでしか生き永らえることが出来なくなってしまい、贄との性交がないままでいると、枯渇感にあえぎながら短命に終わる運命なのだと言うのです。

そして、百鬼は舞こそが贄の一族の末裔なのだと言い、自分が彼女に欲情するために彼女もまた自分に欲情するのだ、と断言します。
けれど、舞は自分が百鬼が好きなのは、身寄りもなく一人ぼっちの彼女を救い居場所を作ってくれたからだと告白し、彼のためなら何でもすると宣言しました。

その言葉に呼応するように百鬼に角が生えます。
舞の了解を得た彼は彼女の下半身を露わにして、秘部に指を差し入れます。彼女を気遣いながらの指の動きから、さらに激しくなる愛撫についていくのがやっとの舞ですが、とうとう絶頂に達します。
ですが、百鬼は舞から指を抜くことなく続いて激しく唇を奪います。愛撫の手は豊満な乳房にも伸び、彼女の全身を柔らかく受け入れやすい状態に変えていきます。ついに百鬼自身が舞に入り、動き始めるとすぐに彼女はイッてしまいました。

百鬼は何でもすると言った舞の言葉を持ち出して、躊躇なく彼女の体を蹂躙していくのです。
体を責められ続け、舞はとうとう失神してしまいました。

↓↓ 漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」の続きは、こちらからチェック↓↓

DLsiteで無料試し読み

独占配信中!\

百鬼の願い、舞の願い。

贄としての運命を受け入れた舞。
激しすぎる百鬼の欲望に耐えられるのー?

どのくらい時間が経ったのか、舞が目を覚ました時、百鬼はまだ彼女に挿入したまま動き続けていました。
驚く舞に、寝ていても良いとさえ言いながら彼女から貪欲に生気を貪るのでした。

彼女と性交することにより、明らかに生気がみなぎり快活な様子の百鬼ですが、昼となく夜となく舞の体を求めるようになりました。
舞もまた、彼が徐々にくだけた様子で接してくることを嬉しく思い、身も心も捧げたい気持ちが高まります
校内でもまた彼女を求めてくる百鬼ですが、学校で最後まですることだけは出来ないと、舞は彼にお預けをさせてしまいます。

その夜、昼間我慢していただけあり、百鬼の攻め方には遠慮がありません。
舞への欲求が止まらず、彼女のお尻の穴をゆっくり指でほぐすとそのまま自身のモノを挿入します。
舞は初めての快感に気が遠くなりそうになりますが、なんとか意識を保ち「全てを受け入れたい。」と百鬼の下から訴えます。
とうとう果てた舞の下半身からは大量の百鬼の体液があふれ出てきました。

快楽の後、百鬼は舞を胸元に抱き寄せながらあるお願いをします。
それは「村にいる百鬼以外の鬼神にもその身を捧げて欲しい。」というものでした。
舞は全てを受け入れたように「百鬼がここにいていいと言いうならやります。」と静かに言いました。
舞には、自分が百鬼に利用されているかもしれないことは分かっていましたが、願いを拒んだことにより大好きな彼と離れるようなことになるのは考えられません。
舞の願いはただ一つ「これからどうなろうと構わない、けれど最後は百鬼に食べられたい。」

百鬼も何百年も前の愚かな贄の女の呪いによって、自分や鬼神の一族が皆、短命に終わるという現実は受け入れがたいものでした。ですから、一族のために贄の小娘一人を手玉にあげ、利用するのは容易いものと考えていました。
しかし、日を追うに連れて彼女に惹かれる自分にも気付いていたのです。
百鬼の願いはただ一つ「最後はこの娘を食ってやりたい。」

二人の願いは呪いの血がもたらすものなのか、お互いの情ゆえなのかは二人にも分からないのでした。


↓↓ 漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」の続きは、こちらからチェック↓↓

DLsiteで無料試し読み

独占配信中!\

漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」は無料で読める?電子書籍やアプリ一覧

漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」は無料で読む方法はあるの?

漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」は電子書籍サイトのDLsite独占的販売中!
なんと、 初回登録で300円OFFで購入可能なんだよ。
その他クーポンも多数あるのでぜひ利用してね。

タイトル鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~
カテゴリーTL漫画
作者堀田阿伴
さきっちょだけ!
基本価格
⇒ 割引価格
1210円
⇒910円
電子書籍サイト配信特徴
DLsite

独占先行配信
登録無料
10%ポイント還元
初回300円クーポン

eBookJapan


配信なし


半額クーポン×6回
(1回の利用で最大500円オフ)

まんが王国


配信なし

最大50%還元
1日2回10〜50%OFFクーポン
Booklive

配信なし

半額クーポン

コミックシーモア




配信なし


初回無料登録時、1冊半額
格安ポイント購入方法あり
月額読み放題契約

Amebaマンガ





最大100冊が全巻半額
※最新の配信状況は各サイトでチェックしてください。

DLsiteは、コミック・マンガ・電子書籍のダウンロードショップ。

「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」の他にも、人気TL漫画や大人漫画が42万点以上取り揃えています。

登録無料で、二次元の作品だったら大体揃っており独占販売のものも多数。

他の電子書籍サイトよりも割引クーポンの発行が多く、他のどこよりもオトクに読むことができる漫画ばかりです♪

DLsite の特徴
  • 初回無料登録特典で300円のクーポンが必ずもらえる
  • 専売作品6,000タイトル以上
  • 漫画、同人誌・同人ゲーム・同人ボイス・ASMRなど50万点以上
  • 漫画購入で10%分が即ポイント還元
  • ダウンロード機能あり(オフラインでもいつでも読める)
  • 月額料金はかからず、解約漏れの心配なし

同人誌って聞くとちょっと怪しいイメージを持っちゃうな・・
DLsiteって 安全なサイトなの?

総合同人作品ストアDLsite は、あのDVDレンタルで有名な「GEO(ゲオ)」のグループ会社です。
売上高161億円を超え、利用者も700万アカウントを超える大きな会社なので、安心して利用してね

\ DLsiteで独占配信中 /

無料会員登録で300円OFFで読める!\

【無料試し読みは画像をクリック!】

▼▼ ▼▼ ▼▼

漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」の感想・口コミ・評判

表紙絵から漂う良作の予感に期待を膨らませておりました。オリジナル作品でここまで作り込まれたお話はなかなかお目にかかれないのでは?と思いました。良質な短編映画を観たような感覚です。お顔がそっくりな村人が不気味さを引き立てていてホラー好きな方とかは堪らない演出かと。ヒロインの肉感的な身体も、プレイ内容もハード目でしたので男性も楽しめそうな作品です。終わり方はメリバ……ですかね。お好きな方には絶対に響く作品かと思います。

作家さん買いしました。 こちらの作家さんはエッチなシーンの迫力が凄いこと、作り込まれた世界観、サブやモブキャラまで丁寧な描写をされるので、こちらの新作も楽しみにしていました。 元々人物の体格や手の描写がとても上手い方なのですが、今作は今までよりも更に画力がアップされていて、物語にも深みがあり一気に引き込まれました。 個人的に、今作のペアは体格差にとても萌えました。 今後の展開が気になるので、続きが出ることを祈って楽しみにしています!

漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」まとめ

漫画「鬼神村~神の末裔×贄の少女 ~」のネタバレとお得に読む方法を簡単にご紹介いたしました。

男性にも女性も絶対にハマるおすすめの作品です!

ネタバレを読んで続きが気になった方はぜひ結末まで独占先行配信されているDLsiteで読んで楽しんでくださいね!

【無料試し読みは画像をクリック!】

▼▼ ▼▼ ▼▼

\ DLsiteで独占配信中 /

無料会員登録で300円OFFで読める!\


漫画・コミックランキング
よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる