MENU

「余命わずかの脇役令嬢」『第34話』の漫画ネタバレと感想|ピッコマ

 

\無料話・無料巻増量キャンペーン中/

/フルカラー人気独占漫画が「待てば0円」\

ピッコマ

ピッコマ

Kakao piccoma Corp.無料posted withアプリーチ

\ 「作品名」の全話ネタバレはコチラ! /

ピッコマで配信されている「余命わずかの脇役令嬢」の34話のネタバレと感想・考察記事になります。

目次

ピッコマ漫画「余命わずかの脇役令嬢」『第34話』のネタバレ・考察

※ 当サイトは権利元様の著作権侵害・助長を目的としておらず、おすすめ漫画の魅力を伝える為、ストーリーを一部抜粋しご紹介しております。必ず公式電子書籍サイトを利用し漫画をお楽しみください。

カリナの生きる願いと意思

お茶会の途中体調が悪化し部屋に戻ったカリナ。
そんなカリナの部屋から異変を感じ取った侍女はカリナの様子を見て
慌てて医師を呼びます。

しかし、医師を呼ばなくても大丈夫だと告げるカリナだが、侍女は主ミリアンから何かあればすぐ呼ぶようにと名を受けていました。

そんな彼のやさしさにカリナはウィンストン呼ぶことを希望します。

やってきたウィンストンはカリナの状態を見て顔を顰めます。
自身の生命力を代償にする芸術病の症状の一環とのこと。治療の根本的な問題は対処法が無くカリナが絵を諦めるほか進行を止める方法はないといいます。

そして、急激ではないが確実に芸術病が悪化していること、芸術病を根本的なく症状を抑える薬を出すほか治療法がないことをウィストンは謝罪します。

今後も急激な悪化をさせないため注意する点は多く、言い出せばきりがないほどだという。
ただそれよりも何よりも今は“生きようとする意志”がカリナには必要だと説明します。

それを聞いたカリナは、ミリアンと出会う以前のように死だけを待つ生活はしたくないと考えます。


この穏やかな時間を大切にしながら幸せに暮して、ミリアンとの幸せな思い出を抱いて静かに死にゆきたい。
カリナは思いを膨らませます。
ウィンストンはカリナをひどく心配していましたがカリナの選んだ絵を描き続けるという道を阻もうとはしません。

でも、愛を知れば知るほど、やっぱりカリナ自身の最期はミリアンのもとは離れて彼につらい思いを残してほしくないみたい…
ミリアンにはきれいな自分だけを見てほしいといった描写からも自身の弱さにカリナはまだ抵抗があるみたい。

別れの未来が待っているとしても絵を描くことはカリナにとって唯一のわがままの様にも感じるね

進行するカリナの芸術病

ウィンストンは診察後に他に体に異変がないかと尋ねます。

カリナは、思い当たることを1つぽつりと話します。

それは自身が今まではなかった心臓に症状が出ているということ

一日中息苦しくいっそ心臓を取り出したいと願うほどの痛みも出るときがあるというほどカリナの病状は悪化しているよう…

確かにお茶会の時も胸を押さえて苦しんでいる描写があったわ

侍女が部屋を訪れたときも発作に苦しんでいたけど心配させまいとしていたわね

するとウィンストン自身も昔、目に似た症状が出たことがあったそうでその気持ちを理解できると言いました。

しかし、芸術病自体に治療法が確立しておらず、薬で進行を遅らせるほかないことを申し訳なさそうに告げるウィンストン。

カリナ自身わかっているから気にしないでほしいと告げ、それどころかフェリオールにも心配をかけてしまったとカリナは謝ります。

さらに本来このように心配や迷惑をかけるなら2人にも芸術病のことを知られない方がよかったのではないかと話しますが・・・

ウィンストンはカリナをじっと見つめて、そんな風に言わないでほしいと告げます。

医者の本来の仕事は、人に生きてもらうための仕事だと話します。

もし患者が自身の苦しさを話せず隠させてしまうような医師がいれば、それはもはや医師ではないのだと彼は真剣に話します。

それを聞いたカリナは顔を曇らせます。遠回しに弟子のノクターンのことを指していましたね…

その時、フェリオールもカリナの寝室に入ってきます。

お茶会の最後のカリナの様子を見て心配していたようです。

ただ、それだけではなく彼にはもう一つ話があるようで何かを察したウィンストンは席を立ち、フェリオールと2人きりになったカリナ…フェリオールが気になっていた芸術病の進行についての話します。

続きはピッコマで・・

◀前話 今読んでいる話 次話▶
33話 34話 35話

 

\無料話・無料巻増量キャンペーン中/

/フルカラー人気独占漫画が「待てば0円」\

ピッコマ

ピッコマ

Kakao piccoma Corp.無料posted withアプリーチ

コミックシーモアが今断然お得!
  • 無料会員登録で70%オフクーポンがゲットできる!
  • 最大600ptが貰えるキャンペーン実施中!

 

今ならあなたのお好きな漫画が実質タダで読むこともできます♪
※すでにコミックシーモアに登録された方もメールアドレスを別で用意すれば上記クーポンとキャンペーンは適用されます。

\ コミックシーモアで70%OFFクーポンゲット! /

/期間限定キャンペーン\

全話まとめ一覧の記事へ▶▷

 

 

 

 

ピッコマ漫画「余命わずかの脇役令嬢」『第34話』の考察・感想

いよいよ、カリナの芸術病も深刻になってきましたね…

でも、カリナの中では絵をやめるという選択肢がない故に、きっとこれからどんどん悪化の一途をたどるのでしょう。

ウィンストンもそれをわかっているからこそ生きようとする意志の大切さを伝えていましたね。

そして、「医者の仕事は、人を生かすことだから。もし患者が病気を隠してしまうような医師がいるなら、それはもう医師とは言えないのだ」

カリナには思い当たる点があったようですが、これはおそらく遠回しにノクターンのことを指していたのでしょうか。

また、ラストはフェリオールと二人きりカリナにはただのお見舞いではなさそうですが一体どんな話をするのかも気になりますね。

 

\無料話・無料巻増量キャンペーン中/

/フルカラー人気独占漫画が「待てば0円」\

ピッコマ

ピッコマ

Kakao piccoma Corp.無料posted withアプリーチ

「余命わずかの脇役令嬢」『第34話』まとめ

以上、「余命わずかの脇役令嬢」の第34話のネタバレ記事でした!

「余命わずかの脇役令嬢」の全話ネタバレを別記事でまとめているので、1話~最新話までぜひチェックしてみて御覧ください!

\ 「作品名」の全話ネタバレ記事はコチラ! /

 

\無料話・無料巻増量キャンペーン中/

/フルカラー人気独占漫画が「待てば0円」\

ピッコマ

ピッコマ

Kakao piccoma Corp.無料posted withアプリーチ

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる